淡路島の農家と消費者を結ぶ農カフェ「八十八屋」

先日のブログで、

「淡路島の食料自給率は100%超えだよ」

って記事を書いたんですけど、

今日紹介するカフェは、淡路島の農家と私のような消費者を結ぶことを大切にしているそうです。

日本の農家がどんどん元気になって、消費者である私たちもいいものを食べられたら理想的ですよね。

 

農カフェ「八十八屋」に行ってみました

まず敷地の外から。田舎の古いお家のようですね。

image1

わぁ~、田舎のおばあちゃんちに遊びに来たみたいです。

image2

店内では素敵なジャズが流れていました。

image

ランチメニューはこんな感じですよ。

image3

待っている間に店内見回すと、こんなの発見。

島の農家さん(生産者さん)たちを紹介した絵ですね。

7

待ってました~、季節の御菜膳ランチです。

すごく優しい味付けでヘルシーな感じですね~。

8

食後に紅茶を。外でうぐいすが鳴いていました。

なんて優雅なティータイムなんでしょう!

9

 

カフェの中で淡路島で作られたいろんなものが買えます

10

これらの商品の中には、移住者の方が淡路で作っているものもあります。

見ているとなんだかおしゃれでワクワクしましたよ。

 

参考:農カフェ「八十八屋」のHP:http://hachijuhachi-ya.com/index.html

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ