義務化された「ストレスチェック制度」、一体どんな制度なの?

平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」ってのがあって、

「ストレスチェック制度」なるものがどうも導入されていたんですね~。

(平成27年12月1日施行)

 

会社を退職していたってせいもあってか、全然知らなかった私。

どんな制度なのか調べてみました。

 

スポンサードリンク



 

ストレスチェック制度って何のための制度なの?

定期的に労働者のストレスの状況について検査を行い、本人にその結果を通知して自らのストレスの状況について気付きを促し、個人のメンタルヘルス不調のリスクを低減 させるとともに、検査結果を集団ごとに集計・分析し、職場におけるストレス要因を評価し、職場環境の改善につなげることで、ストレスの要因そのものも低減させるものであり、さらにその中で、メンタルヘルス不調のリスクの高い者を早期に発見し、 医師による面接指導につなげることで、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する取組です。  (厚生労働省のHPより引用

へぇ~。

下記のようなことを目的として、

会社側が社員のストレス状況を定期的にチェックする制度なんですね。

 

①本人にそのストレス状態を自覚させる ⇒ 社員個人のメンタルヘルス不調のリスクを下げる

②検査結果を集計分析してその職場のストレス要因を洗い出す

⇒ 職場環境を改善する ⇒ ストレスの要因そのものを撃退

③メンタルヘルス不調のハイリスク社員を早期発見

⇒ 医師の面接指導 ⇒ 当該社員の不調を未然にブロック

 

ストレスチェックの実施は事業者の義務

従業員が50名以上の事業場に義務が課せられたらしいですね。

(50名未満は当面努力義務だそうで。)

そして、そのストレスチェックの頻度は、

1年ごとに1回なんだって。

 

どうやって調査するの?

国が標準としている調査票が一応用意されています。

「仕事のストレス要因」、「心身のストレス反応」、「周囲のサポート」

の3領域を調査の対象としています。

 

でも実際にどんな調査票を使うのかは、

事業者の選択に委ねているよう。

 

試しに調査票を見て回答してみたら・・・

ストレスチェックの調査票は前述の3領域に分類された、57項目の質問に答える形式ですね。

当てはまる度合いに応じて1から4の数字を〇で囲むかんじ。

 

これね~、

退職するかどうかずっと悩んでいたころ、

本当に正直に〇付けてたら、

私間違いなく、

「ハイリスク社員」認定で、要「医師の面接指導」

になってたかも(T_T)

 

 

会社がする調査だし、会社の人に知られるって考えたら、

そもそも正直に回答するかどうか疑問だけど、

もし正直に回答したら結構きわどい結果になる人いるんじゃないかなぁ・・・。

 

まあ興味があったら調査票見てくださいな。

(厚生労働省HPより:「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」

 

面接指導の義務化

ストレスチェックの結果、

メンタルヘルス不調のハイリスク社員として、

医師の面接指導の必要性ありと評価された場合、

その本人から面接指導を受けたいと申し出があったら、

受けさせる義務が事業者に発生するみたいですね。

 

強制的に面接指導を受けさせられるというわけではないわけです。

 

ストレスチェックの結果次第で不利益な扱いを受けないか心配だけど・・・

労働者サイドとしては、

これ一番重要なポイントですよね。

そうじゃないとこんな制度、形骸化もいいところですから。

 

その点についてはこうあります。

・面接指導の申出を理由として労働者に不利益な取扱いを行うことは法律上禁止されます。

・このほか、ストレスチェックを受けないこと、事業者へのストレスチェックの結果の提供に同意しないこと、
高ストレス者として面接指導が必要と評価されたにもかかわらず面接指導を申し出ないことを理由とした不利益な取扱いや、面接指導の結果を理由とした解雇、雇止め、退職勧奨、不当な配転・職位変更等も行ってはいけないとすることが想定されています。

厚生労働省のHPより引用

なるほど~。

そもそもストレスチェックの受診拒否も一応可能なわけですね。

でもまあ取りあえず受けるんだろうな~、私が会社員やってたら。

そして当たり障りのない回答でサラッと終わらせちゃうんだろうなぁ・・・。

 

参考資料:厚生労働省HPより

 

スポンサードリンク





 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ