日本人は高齢期(老後)に向けた資産面での「備え」をどのように考えているの?

内閣府の平成26年版高齢社会白書の調査結果をもとに、

日本人が高齢期に向けた資産に対する「備え」をどのように考えているのか、

今日は書いてみようと思います。

 

【注意】以下に示すデータや作成された表は同白書をもとに私がまとめてみたものですので、

勘違い等や認識に誤りがあるかもしれません。興味のある方はご自身で同白書を確認して下さい。

ちなみに同調査の回答者は35歳~64歳の男女です。

 

スポンサードリンク




 

世帯で高齢期への経済的備えがあると感じるかどうか

 (内閣府平成26年版高齢社会白書のデータをもとに作成)

 十分だと思う  最低限はあると思う 少し足りないと思う  かなり足りないと思う 分からない・無回答
 35~39歳  0.3% 9.3%  13.4%  60.7%  16.5%
 40~44歳  0.2% 13.6% 10.8% 63.6% 11.7%
 45~49歳  0.7% 16.6% 14.1% 58.2% 10.4%
 50~54歳  1.4% 17.7% 18.8% 51.9% 10.2%
 55~59歳  1.9% 29.0% 21.5% 41.5% 6.1%
 60~64歳 3.6%  35.7% 18.9% 35.5% 6.1%
 全体  1.6% 21.7% 16.5% 50.4% 9.8%

 

どうでしょう?

どの年代においても総じて「足りてない」と感じているように見えます。

特に35歳~54歳の人の7割強が「足りていない」と感じていますね。

(30代74.1%、40代前半74.4%、40代後半72.3%、50代前半70.7%)

一方で若年層とは違い、60歳以上だと54.4%です。

 

35歳~44歳世代って、

いわゆる就職氷河期世代、バブルの恩恵なし世代ですよね・・・。

そして年金に対しても「諦め感」漂う世代ではないかと・・・。

いわゆる「貧乏くじ世代」ってやつ。

 

単純にまだ若くて子育て真っ盛り世代で、

老後の資金準備まで手が回っていないから「足りていない」と感じてるのか、

それとも年金受給に不安があるから、そう感じるのか・・・・。

 

高齢期への備えとして必要な貯蓄額をどう考えているか

 

これに関する調査は世代別になっていないんですが、

1000万円~3000万円あたりに回答が集中している感じです。

100万円未満~300万円くらい 3%
500万円くらい 6.8%
700万円くらい 2.2%
1000万円くらい 19.5%
2000万円くらい 19.7%
3000万円くらい 19.1%
5000万円くらい 6.8%
5000万円以上 6.5%
分からない 15.8%

内閣府平成26年版高齢社会白書のデータをもとに作成)

よくいろんな記事とか雑誌なんかには、

「老後の必要資金は2000万円、3000万円!」

とかって書いてあるような気がします。

なのでその辺の額に集中するんでしょうかね。

 

個人的な意見をいうと、

年代別や、受給する年金の種類別のデータがほしいところです。

それによって回答が当然変わってくると思うんですよね。

 

35歳の人の年金制度に対する不安感は64歳の人のそれとは比べ物にならないと思うし、

厚生年金や共済年金と国民年金1本の人とでは全然違うでしょ?

 

それにしても「分からない」と回答した人が少なくないのも注目ですよね。

 

特に今の若年層が高齢者になるころなんて、

医療制度や年金制度がどうなっているのか、さっぱり分かりませんからね。

期待しないほうが賢明な気はしますが。

そうなってくると、老後に必要な資金なんてどう考えたらいいのやら・・・。

 

世帯の高齢期の生計を何で支えようと考えているか

もうこれは圧倒的に、

「公的年金」82.8%

が1位です。

 

続いて、

「貯蓄、退職金の取り崩し」46.2%、

「給与収入」45.6%

が続きます。

 

年金を頼りにしているのは予想がつく話なんですが、

3位の「給与収入」が半数近いのは注目です。

もう定年70歳、もしくは生涯現役な時代なんでしょうか・・・。

 

ちなみに、

「民間の個人年金」や「企業年金」と答えた人は、

それぞれ約15%くらいで4位・5位につけています。

内閣府平成26年版高齢社会白書参照)

 

世帯の高齢期における年金の受給額はいくらくらいだと考えているか

 

これに関する調査も世代別になっていない。

受け取れないと思う 7%
3万円未満~3万円くらい 5.2%
5万円くらい 10.6%
10万円くらい 19.8%
15万円くらい 19.1%
20万円くらい 16.2%
25万円くらい 7.5%
30万円くらい 2.8%
35万円以上 1.3%
わからない 9.9%

 (内閣府平成26年版高齢社会白書のデータをもとに作成)

う~ん、年代別のデータが欲しいよ・・・。

だって、

「受け取れない」とか「分からない」とか回答してるのって、

若年層でしょ、きっと。

 

20万円以上貰えるなんて、

若年層に入るであろう私からすると、

「どれだけ楽観的なんだい?」

と思ってしまうのですよ・・・。

 

あと、就業形態(個人事業主なのかサラリーマン・公務員なのか)や、

共働き世帯なのか専業主婦なのかそういった話抜きにして、

このデータ見てもなぁ・・・。

 

っていう個人的意見は置いといて、

それにしても「皆それなりに年金に期待を寄せているんだな」って。

8割以上の人が、「受給はできる」と考えているわけですからね。

 

今の60歳以上の人の受給額なんかだと、大抵10万~15万円はもらってる感じですよね。

20万円くらいの人もサラリーマンやってた世帯ならまぁそこそこいるだろうし。

 

そういうのを聞くと、

この統計で、「10万円~20万円」のゾーンに回答が集まるのも自然ですかね。

 

それにしても意外と?

年金ってまだまだ信頼されているのね〜。

 

スポンサードリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ