セミリタイアという生き方を選んだのは何がきっかけだったんだろう(自己回想)

私は現在アラフォー。

大学を卒業後からセミリタイア生活に入るまでの間、既婚者になったけれど、それまでと何ら変わらず仕事を続けていました。

 

 

そして私は仕事を選ぶうえで、「女性でも一生生活していけるだけの専門性のある仕事」といった観点を重視していました。

仕事は結婚しようがしまいが、一般的な定年退職する年代までずっと続けるつもり満々だったわけなのです。

 

そういうわけなので、時折ふと今のセミリタイア状態の自分を客観視して、

「こんな生き方を選択したのは一体何がきっかけだったんだろうか?」

と他人事のように思うことがあるのです。

 

夫は結婚する前から、早期の経済的自立を果たし、会社員はその時点で辞め、

その後は投資業の傍ら、それ以外に興味を持っている分野に自営業者としての立場でチャレンジすると言っており、

そもそもずっと会社員をする気がなかった人で、私とはちょっと違う視点を以前から持っていました。

なのでこれから書くことはあくまで妻側の私の視点からの話です。

 

スポンサードリンク

 

定年退職まで組織の中で仕事をする気満々だった

そもそも私が一生仕事を続けていこうと思っていたのは、

「経済的に誰かに依存していることへの不安定さに対する不安感」

に起因していました。

 

結婚すれば、夫の収入で生活することも選択できましたが、

私は子供の頃に父を失って、専業主婦だった母が女手一つで私たち兄弟を育て、とても大変だったのを見て育ったので、

専業主婦になることが怖かったんですね。

 

そんな私は、子供のころから「経済的に自立することは不安からの解放だ」との認識が既にあったように思います。

だけど、この頃の「経済的自立」は、あくまでも、

「配偶者を含む家族に経済的依存をしない(いざとなればしなくても大丈夫)」

という意味でした。

 

金融危機真っ只中の時代に社会人になって・・・

私が就職したころは、ちょうど日本は金融危機真っ只中でした。

とんでもなく就職難の時代だったし、ニュースでは「失業率が過去最高を記録しました」なんて言ってましたね。

就職活動では100社エントリーするなんて別によくある話でもありました。

祖母が、「銀行が潰れるなんて、昔じゃ考えられなかったけどねぇ・・・。」とつぶやいたのをふと思い出します。

 

そんな時代に世の中に社会人と放り出され、「雇用されることの不安定さ・不確実さ」をひしひしと感じながらの出発だったこと、

自分より上の世代は高度経済成長、バブル経済期と景気のいい時代を経験し、毎年昇給、それなりにいい目にもあってきた時期があるのに、

私の世代はいきなり減給、ボーナスカットの憂き目にあい、そのうえさっぱり昇給しないこと、

それからしばらくして、「何やら年金がとんでもないことになっている」ということが世間を賑わすことになったことなどもあり、

「手に職をつけ、福利厚生も充実した、それなりのところに就職したつもりだったのに、それでもやっぱり不安定で所詮不安なんだ」

と思うようになっていきました。

それと同時に、

「給料収入に頼りすぎても、ぜーんぜん資産は増えないし、所詮自分のコントロール不能なところで色んな事(給与・待遇その他諸々)が決まるのだ。」

と気づき始めました。

 

だけどその時はまだ、セミリタイアなんて生き方はそもそも知らなかったし、

「会社の給料以外で収入を得るなんて自分には無理だ」と思っていました。

 

給与所得の不安定さと預金利率の低さに嫌気がさし、投資の世界へデビュー

日本経済がひどい状況下にある中、社会人デビューし、給料を減らされ悶々としながらの社会人生活を過ごす日々、

取りあえず節約生活を続け、貯金をこつこつとしていたわけなんですが、

預金利率が笑えないくらい酷かったんですよね。まっ、今も酷いけど(笑)。

なのでなんとなく株式投資、外貨預金を始めました。たしか25歳くらいの時ですかね。

 

株はバリュー投資に興味が湧き、PERとかPBRとかそういうやつを基準に銘柄を選び分散投資したら、

1年間の収益が会社員のボーナス位になったかな。

外貨預金は適当に円売りしたらお小遣い程度に。

でも売買方針なんてのは特になくて、しいて言えば「塩漬け、ときどき値ごろ感でナンピン」といった感じで、はっきり言ってただの運ですね。

そしてコンスタントに収益をあげられるわけでもなかったです。

とてもじゃないけど、この収益で生計を立てるなんて考えられないレベルでしたし、そんな発想もまだなかったなぁ~。

会社を辞めようとも思っていなかったし、「銀行金利よりいいパフォーマンスであればいいや」って思っていました。

 

会社で全くビジョンが見えなくなって・・・

資産形成の面においては、給料をもらって、節約をし貯金をして、その一部でゆるーく投資をする。

仕事の面では勤続10年超、最終的に目標としていた資格も取得し、

論理、理屈の知識でしかなかった専門知識も実務経験を積むことでそれなりに板につき、

会社での位置づけでは「中堅」と呼ばれるようになっていました。

 

「組織のなかで中堅とはどうあるべきか、何を期待されているのか」を感じる中で、

困ったことに自分の仕事に対するビジョンがさっぱり見えなくなっていました。

 

10年近く仕事をしていれば、何度かは転職・退職の悩みが出てくるもの。

そんなものは今まで何とかやり過ごしてきたわけで、

そういったことに対する対処法、折り合いの付け方みたいなものもある程度自分の中で見つけていたように思います。

 

だけど、決定的に辛かったのは、新人の時期もとうに過ぎ、中堅になっても、

「あんなふうに私もなりたい」

と思う理想像にその組織でとうとう出会えなかったこと。

(ここでいう理想像とは職場で出会った方々の人間性や能力の話ではなく、ライフスタイルや「人生をどう生きたいか」っていう方向性の上でのことです。)

 

何となく就職したわけではなく、一生懸命に勉強し、強い希望と熱意をもって就いた仕事、

気が付いた時にはもうその仕事が「ただただつまらないもの」に自分の中でなっていました。

つまらない仕事も理想像へのステップであれば頑張れるけど・・・。

 

自分をだましだまし過ごした数年間

仕事がつまらない・・・。

こんな気持ちは世の中別に珍しくない、というより残念ながらかなりの人はそうかもしれません。

そこでその気持ちにどう折り合いをつけるかは人それぞれなんでしょう。

 

私が当初とっていた対処法は

「給与と引き換えにだましだましやり過ごす」

でした。

これで定年退職まで行ける場合もあるかもしれない。

やはりそれなりに約束された(労働契約上)給与は魅力的ですからね。

でも私は無理でした。

 

最終的には、

「もし仮に夫に何かあって貧乏になって苦労したとしても、今のこの状態を続けるよりは自分自身納得できる」

という境地に至っていました。

(まぁ蓄財は就職してからずっと続けていたので、無収入でも当分大丈夫そうだと思えたし、夫に十分な収入があり既婚女性なので専業主婦になればいいという立場だったのはやっぱり大きかったですが)

 

ある日突発的に退職宣言

気持ちはとうに離れているのに、足だけは毎日会社へ向かう。

だけど、会社の門をくぐるたびに、こんな毎日を繰り返していて何の意味があるのかが分からない・・・。

そんなある日、突発的に出勤してきた上司に声をかけていました、

「お時間をいただいてもよろしいですか?」

 

そう言葉を発した瞬間、自分で自分自身に驚きました。

まさか今日こんなこと言いだすなんてと。

「あぁ~、私、会社やめちゃうんだ・・・。なんか結構あっけないもんだね・・・。」

 

投資収入を本格的に追及しはじめる

会社を辞めると決意し、退職後何をしようかと考えたとき、

なぜか自然に「投資収入を追求しよう」と思いました。

それまでせいぜいお小遣い程度の収益しかあげたことがなかったのに、

今思えば「その自信はどこから湧いてくるのか」とおめでたい自分が笑えますが・・・。

 

で、どれくらい研究したでしょうかね。

毎日それこそ10時間以上はやってましたかね。市場が休場の日でも検証・研究をしました。それと並行して自己資金も投じて場数も積み重ねていきました。

もともと一度スイッチが入ったらとことん追求するところがあったし、思考を重ねることは嫌いじゃないので性に合ったのかもしれませんが・・・。

そんな生活が1年くらい続いたでしょうか、気が付いたら毎月コンスタントに満足のいく収益を積み上げることができるようになっていました。

(まぁこれからも必ず収益をあげられる保障などない世界ですから、浮かれている場合ではないですが)

 

今思えば、私の中で「セミリタイア」という生き方を意識し、そしてそれが現実味を帯びてきたのは、この状態までこぎつけたときかもしれません。

 

資産をすり減らしていくだけのリタイアは精神的に無理だったのかもしれない

こう回想してみると、それなりに世帯で資産を築いた後でも、

やはり自分が無収入になることが今でも精神的に抵抗を感じる人間だと改めて気付きます。

やっぱり子供の頃のトラウマのせいなんでしょうか(笑)。

 

そのトラウマも一つの理由なんでしょうが、

「生活レベルをリタイア前より下げるつもりはない」というのが大きいかもしれません。

どういうことかというと、

リタイア状態、仕事をしないことが目的ではないので、そのために生活レベルを下げるという考え方ではないんですね。

派手な暮らしは以前から好むタイプではありませんが、

極度の節約生活(節約がそもそも趣味じゃないので)をしなければ維持できないセミリタイア生活は望まないということ。

せっかくリタイアによって手に入れた時間、いろんなところへ出かけ、いろんな人と出会い刺激を受けたり、食を楽しんだり、家族友人との時間を楽しんだりしたい。

そういったことにお金を使うことは人生を豊かにすると思うのです。

 

投資の世界はなかなか厳しい世界ですが、こういった願望が私の日々のモチベーションになっているように思います。

これからもフラットな精神状態で日々精進ですね。←これが一番難しいんだなぁ~(笑)。

 

スポンサードリンク




 

8 Responses to “セミリタイアという生き方を選んだのは何がきっかけだったんだろう(自己回想)”

  1. ゆな より:

    こんばんは~。
    同じくアラフォーゆなです(^^)

    ご主人もnanaさんも、夫婦二人、経済的自立という同じ人生の目標に向かって進んできたのですね。

    私達夫婦にとってのトラウマは、自営業開始時期の貯金がどんどん減っていく恐怖を経験したことです。本当に厳しい時期でしたね・・(>_<)

    うちの場合、サラリーマンの頃は(特に私(^^;)あるだけ使う生活だったので、今は生活レベルを上げるということが、トラウマになってしまっているかもしれないです。

    nanaさんのおっしゃるように、セミリタイアによって手にいれた時間という贅沢を、人生を豊かにするために使いたいです!

    私達も、極度の節約ではなく、生活にメリハリをつけて人生を楽しめたらと思います(*^^*)

    • nana より:

      こんばんは~。
      自営業で経済的に窮地に立つこと、その恐怖は経験者じゃないと分からない怖さでしょうね。ゆなさんのそういったピンチを乗り越えてきたその経験は、これからの生活のセミリタイア生活においても間違いなく活きてくるんだと思います。
      極度の節約生活は20代で卒業、今は次の段階に移行したと思ってはいるんですが、それでもまぁもともと大したことのない生活だったので、さほどリタイア後も支出は増えておらず、生活レベルを落としたわけでもないのにより小さな家計になっています。
      支出を含め、生活にメリハリ、すごく重要ですよね!

  2. yazirobe777 より:

    こんにちは

    証券不況時は山一証券に口座を持っていた関係で当事者間が少しあります。
    あれで世界観が少し変わりましたね。
    世間のレールはそれほど安泰ではなくなったということでしょう。

    人は充実した人生を送りたいと思いながら、安定した人生も望むもので大部分は安定のため何かを犠牲にしがち・・・
    充実して安定ならよいのですが、やはり一部な気がします。
    どちらが良い悪いではなくどちらを選ぶかでそれぞれ長短があります、自分で考えて選択することが何より重要と思います。

    リタイアするならリスク資産は少ないほど良いのですが、おっしゃるようにすべてキャッシュなら日々目減りします。
    でも投資により生活費を捻出できればインフィニティ・ウエルシーです。

    問題は投資はリスクが大きいことで損をする人の方が圧倒的に多いことです。
    でもセミリタイアを決めてから多くの時間を割いて勉強されているので、トータルで損をする確率はとても低いと思います。
    個人投資家は意外と雑誌の推奨銘柄などをうのみにして買う人も多く、自分で判断しない方も多いようで、勉強しない人も少なくありません。
    投資は学習時間と利益は強い相関がありますので長く学習できる人は強いですね。
    トレードは自体はそれほど重要ではないかもしれません。
    (最近はインデックス積立も多いようですが、学習する必要ない手法はいつか有効性がなくなる気もします。)

    学習時間と利益は強い相関があるとは言ってもリタイアさんは安定した給与はありませんので、資金とリスク管理は何より重要と思います。
    魔法の杖はないのですから。(笑)

    長文失礼しました。良い週末を!

    • nana より:

      こんにちは。
      ヤジロベーさん同様、「自分で考えて選択すること」、この重要性・必要性がこれからはますます大きくなってくるのだと思っています。
      日本国民がもう少し「自立した国民」になることを迫られているのだとも。
      (セミ)リタイアをされる方の中には、その後も何らかの投資収入を得ている方が少なからずいらっしゃるように思います。
      経済的に豊かになり、それを維持する方法は、「コップの水を飲むのではなく、コップからあふれた水を飲むこと」。コップの水をただ飲みすごすのは、いつかそのコップが空っぽになる不安から逃れられません。そしてそういう意味においていつまでも経済的・精神的自由にはなれない・・・。
      投資はリスクと隣り合わせ、ほんの少しのことが命取りとなる世界ですね。今まで何度反省、自己嫌悪を繰り返したことでしょう(笑)。「魔法の杖などない」とはその通りですね!
      究極を言えば、無限に資金力があるのであれば、下手なトレーディングの危険をおかす必要などなく、資金管理を怠らず時間を味方につければほぼ負けなしで十分な資産形成を達成可能かと思います。しかし一般庶民には変動リスクにさらしても問題のない余剰資金を用意することがそもそも容易ではなく、人生で与えられた時間を考えると必ずしも効率的でない(シニア世代になってやっと投資行為というリスクにさらせる資金を用意し、死ぬ間際になって経済的自由を得ることが可能な資産を形成した状態になるのはちょっと違うかなと)と思うことも・・・。
      そうなってくると、一般庶民が経済的自由を早期に果たすには、資金管理・リスク管理プラスα、一歩進んで何か「優位性」なるものを探し出す努力、研究そして場数を踏むことでしか得られない経験値が求められるのだと感じています。
      そのための学習を怠るようでは生き残れず、楽をして得られる大きな結果などないのだと自分に言い聞かせて、日々思考を巡らせています。
      私もヤジロベーさん同様、「資金とリスク管理は何より重要」との考えですし、これを重要視せず軽く見ることは投資の世界においてただの強運の場合を除き、「自殺行為、破産への第一歩」だと思っています。
      バフェットの名言、「ルールその1.絶対に損をしないこと。ルールその2.ルールその1を絶対に忘れないこと」というのがありますが、これは給与所得がないリタイア後では特に心に響き、肝に銘じています。(しかしまだまだ失敗もあります・・・。)
      相場の世界ではまだまだひよっこの中のひよっこ、人様に偉そうなことを語れる立場では全くないのは承知しているのですが、興味深く、共感するコメントをいただき、ついつい調子に乗って語ってしまいました(笑)。改めて資金・リスク管理を徹底し、気持ちを引き締めなくてはいけないと思いました。

  3. yazirobe777 より:

    こんばんは
    コメントにお答えいただきありがとうございます。
    私のコメントを読み返すと文章が変な所があります。ご容赦願います。

    おっしゃられるように普通のサラリーマンは早期リタイアなどできません。
    在籍40年で生涯賃金約3億ですが、まず、税金と社会保障費で1億なくなります。
    つまり生涯の手取りで約2億それに家(ローン)、車、保険の生涯支払い(モデルケースです。)
    を考慮すると、老後資金を良く作れるなあ?と思います。
    つまり老後資金はほぼ年金しかありませんが、それがあやしいのが昨今の最大の問題ですね。

    よって定年まで働いて当然で今後は定年を延長というのが大きな流れです。
    しかし、定年まで会社で働くということはほぼ生涯を会社の都合に合わせるということになります。
    それは「みんなそうだよ」と言われてしまいますが、会社の都合に振り回されるのも結構つらいものもあります。

    自分の人生を生きるため組織以外の生活手段があれば生き方を変えて、社会の方を自分に合わせることも可能でしょう。
    Nanaさまはそれを踏み出したのでセミリタイアというより自営業、もしくは経営者といっていいと思います。
    これからもnana投資会社としてしばらくは働くことになるかと思います。(まあ、資金が十分できたら投資もやめてそれこそ完全リタイアしても良いかもです。)

    なお、ヤジロベー投資会社のルールはその1.「必要な利益を得ること」 その2・「必要以上の過度の利益を求めないこと」
    異論があるかと思いますが自己ルールですので参考までに・・・
    今後のご多幸をお祈り申し上げます。

    PS:バフェットの名言、「ルールその1.絶対に損をしないこと。ルールその2.ルールその1を絶対に忘れないこと」は前に読んだ記憶があります。含蓄が深いので忘備碌的に今度考察してみたいと思います。

    • nana より:

      おはようございます。生涯賃金の3分の1が税金と社会保障費、確かにそうですね。しかし、サラリーマンは源泉徴収制度の下、この事実を実感しにくいように思います。そして家・車・必要以上の保険加入・・・。投資はリスクが伴い怖いもの、人によっては「ギャンブルだ」との認識さえ持つのに、住宅ローンを組んで居住用不動産を買うことが結局のところ不動産投資をしているのだということに全く気付かぬまま(勉強しないまま?)自己資産の大半を傾け、定年退職後に残ったのは、相当に価値の目減りした住宅(最悪処分しようにもできないにもかかわらず、維持費のかかる負債)と年金。今はまだ年金制度がなんとか機能しているのでいいですが、アラフォー世代が65歳を迎えるころにはどうなんでしょう・・・。
      途中でリタイアし、いわば自営業者になった身としては、定年まで組織に縛られ、時間を売ることはもう考えられません。が、私のような生き方がいいかどうかは、世間的には・・・(笑)。
      投資収入は不労所得かのように言われることも多いですが、この考え方はいささか疑問です。常に判断の繰り返し、私は労働の一種だと考えます。
      そういう意味でヤジロベーさんのおっしゃるように、nana投資会社を運営している感覚です。ただし、時間的に相当自由度が高く、生きるための労働かと言われれば、そうでもないといった気楽さはありますが。私は年金制度がどうも信用できず、(そもそも早期にリタイアしたので、受給額もサラリーマンよりはかなり少ないですね)、年金を考慮しないマネープランニングを考えており、また今までどおりの生活水準を今後も維持したい、そうなってくるとしばし投資会社で労働が必要です(笑)。
      ですが、資産は死ぬときに限りなくゼロに近くなるのが私の理想、生涯で今の暮らしぶりでは使い切れない資産は必要ありません。
      そういう意味でヤジロベー投資会社のルールは「ビビッ」ときます!それに、「必要以上の過度の利益」を求めようとしているときは、私の場合結果的に自然にリスクを取りすぎてしまっているように思うので、、このルール、凄く重要ですね。マイルールに追加させていただきます(笑)。
      総資産に対して変動リスクに傾ける資産の割合は徐々に減らしていますが、目標資産に最終的に到達したとしても、私の場合、完全引退はしないかもしれないですね。まだ老後と言われる年齢になるまで20年以上あるので・・・。しかし一定以上のお金は必要ないので、目標達成後の投資利益の大半は何かの形で社会にお返しできたらいいなぁなんて考えています。そこまでいけたらいいなぁ~。

  4. ゆな より:

    こんにちは~(^^)

    実は、うちの主人がnanaさんにコメントしたいと言っているので・・・
    よろしくお願いします(*^^*)

    ここから主人です。

    「初めまして、エスカルジュニアです。いつも妻が仲良くしていただき、ありがとうございます。

    私も、妻が死ぬときまでにnanaさんと同様、資産をゼロに近づけることを目指しています。

    問題は、いつ死ぬか分からないことです。

    終身で支払われる今の年金が、将来まで機能していれば、年金の支給開始時期まで逃げ込むことによって解決することが出来ますが、nanaさんもおっしゃっているように、私達アラフォー世代にとって明るい状況ではなさそうです。

    ご存知かもしれませんが、私は借金せずに細々不動産投資を中心としてセミリタイア生活をおくっています。

    不動産投資で、必要以上の過度の利益を目指すと借金を増やすことにつながります。

    それはリスクを高くとることになり、精神的自由、時間的自由を失うことになることを嫌がるのと同時に、人口減少が予想され、不動産投資業もあまり明るい状況ではないように感じているからです。

    会社に縛られないため、気楽であるものの自己責任で先を読み生きていかなければならない為、セミリタイアしているといっても、常に学び挑戦していくことは必要であると、思っています。

    死ぬとき資産ゼロを目指してセミリタイアを続けることを、お互いに頑張りましょう!」

    とのことです、突然のコメント、すみません(^^;

    ゆな。

    • nana より:

      ゆなさん、こんばんは(^◇^)
      そして、エスカルジュニアさんはじめまして!
      私の方こそゆなさんには日々楽しく交流させていただいていてとても感謝しています。今後ともよろしくお願いします!
      おっしゃるとおり、寿命が分かり、年金制度に問題がなければマネープランはもっとシンプルになるんですよね・・・。まぁ仮に寿命を教えてあげるといわれても、精神的に参りそうなんで断りますが(笑)。
      私は不動産投資の知識は全くないですが、不動産の無借金経営、それを一代で成し遂げているのは凄いことなんじゃないかと思います。そういった難関をどのように成し遂げられたのかとても興味深いです!
      素人の私のイメージですが、不動産投資はほかの金融商品への投資とは違ったリスク、優位性が存在している気がしていますが、「リスクを取りすぎないことの大切さ」は他の投資と共通したところなんですね。
      必要以上の過度の利益を目指す→借金してハイレバレッジをかける→精神的に余裕を失う→冷静な判断ができなくなる
      この悪循環はおそらくどんな投資も共通かもしれません。
      投資は「資金管理・リスク管理・メンタルコントロール」、このどれか一つでも欠けるとうまくいかないように思います。またこれらはそれぞれ相互に影響しあっているので、個別に切り離して考えることはできないものだとも。
      「半歩先をよむ」ために、「常に学び挑戦していくこと」、私も心掛けたいです。自分の足で立つということはそういうことだと思っています。容易なことではありませんが、その大変さと引き換えに、充実感、自由が得られるのだと信じて。
      そして資産はただ貯めこむのではなく、うまく使っていきたいです。人様に迷惑をかけることなく「死ぬときに資産ゼロ!」、これ、究極のテーマです・・・。今のところ「これだ!」という方法が見つかってません(;^ω^)いいアイデアがあったら教えてくださいね(笑)。
      今後とも意見交換等、(もちろん他愛のない話題も含め)どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ