野菜くずは捨てずにストック。お宝成分たっぷりの黄金のだしを作ることにした。

野菜って根菜の根とか葉とか皮とかにすごく栄養が詰まっているって聞いたことがあるんですけど、

「皮の部分って農薬凄いんじゃないかな・・・」と敬遠してました。

無農薬野菜を購入することもありますが、いつもいつもではありません。

なので今まではそういう部分は全部捨てちゃっていました。

 

そんなある日、先日の記事で書いたんですが、ご近所の方に無農薬のお野菜をいただきました。

参考記事:【移住生活】立派なお野菜をいただきました

大根の葉はすべて美味しくいただいたんですが、

ふと、「皮の部分ってスープなんかにできないのかなぁ~?」って思ったのです。

 

スポンサードリンク

 

野菜くずは「ファイトケミカル」っていう凄い栄養が詰まった黄金のだしになるんだって!

さっそくネットで「野菜くず スープ」ってかんじで検索してみました。

するといっぱい出てくるんですよね、情報が。

そこで私が知ったのは、

野菜の皮や根なんかには、野菜が成長したり外敵から守るための成分、「ファイトケミカル」ってのが詰まっているってこと。

なのでそれらを煮出すことでその成分が溶けた出汁がとれるのだそう。

その効果は、免疫力UP、抗酸化作用みたいです。

そして「ファイトケミカル」は加熱によって細胞外に溶け出す性質があるんだそうで、

生野菜ジュースよりも煮出したほうが効率的に摂取できるみたいです。

 

こんなにお宝いっぱいのスープができるなら、無農薬野菜を目の前にしてやらないわけにはいきません(^^)/

 

まずはお料理の際に出る野菜くずのストックを始めました

image

これは3日くらいの間ストックしたものです。

どれくらいのペースでたまるのか未経験だったので、とりあえず冷凍バックにいれてストックしていきました。

ちなみに中身は、

キャベツの芯の部分、にらの茎の末端部分、いただいた大根の皮や水菜の茎の末端部分、玉ねぎのヘタや芯の部分、椎茸の茎の部分、ニンニクのかけら

などです。

玉ねぎの茶色い皮の部分も入れたりするみたいなんですが、残留農薬なんかがやっぱり気になってしまうのでパスしました。洗えば大丈夫だったかなぁ・・・・。

 

黄金のお宝野菜だしを早速作ってみる

image

ストックしておいたものをお鍋に入れ、それらが浸るくらいのお水を入れて、酒を少々。

お酒は野菜の旨みを引き出し、かつ臭みを消すためだそうです。

そして点火。

※水・お野菜・酒を入れてから、その後に点火するのがポイントのようです。

image

弱火でコトコト20分~30分。

だんだんと野菜がしんなりしてきて、お水に色がついてきましたよ。

image

あとはキッチンペーパーか何かで濾して完成です。

色は使ったお野菜にもよるみたいですね。

 

スープの出汁として使ってみたよ

image

今日のお昼はドライカレーだったので、スープはできれば味付けの濃くない塩分控えめなのがいいなと思って早速使いました。

もうすでにだし汁そのものにいっぱいお野菜の旨みがでているので、

いつもはコンソメスープの素のようなのを1小袋くらい使うんですが、今日はそれも指先にちょっとつまむ程度。

ほんの少しのお塩と粗びき胡椒で味付け。

買い物に行ってなくて、スープの具は白菜と生姜を少々っていう貧相なものだったんですけど、優しいお味でいい感じでした(*^-^*)

 

お料理に幅広く使えて冷凍保存しておけるからとっても便利

まだ出汁は残っているので、いろいろ使っていようと思っています。

お料理のお水代わりに使うといいみたいですね。

例えばお味噌汁とかカレーとかそういうものなんかです。

 

これ、とても栄養もあるみたいだし、野菜の旨みで塩なんかの調味料も減らせるとおもうから健康的ですよね。

朝食欲のないお子さんや二日酔いのお父さん、塩分を控えたい方なんかにもいいんじゃないかなぁ。

冷凍しておけばいつでも使えてすごく簡単だし。

それに何といってもこれを作るために何か準備しなければいけないわけではないってところも最大のメリットですよね。

 

最近食べ物の素材そのもののおいしさに目覚め、出汁にも興味が湧いているので、これはいい楽しみができたなってHAPPYです\(^o^)/

それにしても今まで勿体ないことしたなぁ~。

 

スポンサードリンク




 

4 Responses to “野菜くずは捨てずにストック。お宝成分たっぷりの黄金のだしを作ることにした。”

  1. ゆな より:

    こんばんは~。
    またまたコメントを(笑)

    野菜の皮とかって、私も農薬気になって捨ててしまっています(^^;

    確かに野菜って、煮込むといいだしがでますよね、とくに玉ねぎとか大根とか。ワカメや油揚げもいいですよね(^^)でも、ついついかつおや昆布に頼ってしまいます(>_<)

    味噌汁やスープのだし汁って、野菜や肉とかから出るだしで本来十分なのかもしれないですね。

    舌が慣れてくると、かつおとかの味が邪魔になるという記事を見たことがあります。

    nanaさんの記事を機に、私も野菜本来のだしについて考えたいなとワクワクしてきました~♡
    ありがとうございます(*^^*)

    • nana より:

      こんばんは〜。
      野菜って魚やお肉同様に、いいお出汁とれるものですね。
      「旨み」を感じられる舌っていいなぁと思います。
      化学調味料に頼りすぎると舌がダメになると聞きますし。
      お野菜の切れ端でお出汁がとれるなら負担もないしとても気に入りました(*^o^*)
      ゆなさんも有機野菜を買った時とか試してみてください(^o^)/

  2. yazirobe777 より:

    こんばんは
    無農薬の野菜のだしは贅沢です。
    町では無農薬はないしあっても高いですから・・・

    普通のスーパーで買うとやっぱり農薬が心配ですね。
    先ほどTVで「レイチェル・カーソンの沈黙の春」を扱っていましたが、
    自分もあの本を読んでから農薬を恐れています。
    紹介されたように本の影響は大きいですね。

    • nana より:

      ヤジロベーさん、こんばんは。
      「沈黙の春」、DDTに関する本でしたよね。15年以上前の大学時代に読んだことがあります。詳細はすっかり忘れてしまったんですが(ー ー;)、「農薬怖い〜。」っていう漠然とした感情のみ健在です・・・。
      残留農薬はやっぱり気になってしまいますよね。
      私も気になるので、このだしに使う皮なんかは有機無農薬野菜じゃないとちょっと抵抗あります。
      なのでそうじゃない野菜は食べようと思えば食べれるけど、味や食感がイマイチなので捨てちゃってる部分のみの使用にしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ