【移住生活】移住先の気候は、生活コストの面や将来的なことを考えるとやっぱり重要だと思う

関東地方は雪だそうで、やっと冬らしい感じになった気がします。

首都圏で雪が積もるほど降ることは年に1度くらいかなって感じでしたが、

それでも雪が積もると通勤が面倒だし、何より寒いし、

子供の頃のように無邪気になれず、暖房をガンガンきかせて過ごしてました。

 

雪が降り、積雪がある場所に、移住をして住まいを構えることは個人的には考えられません。

なぜならほぼ雪が降らない、降っても積雪にはならない地方で生まれ育ったからです。

雪の中車を運転した経験もないし、雪かきを毎日するとかも考えられません。

冬を越すための労働とコストを掛けなければならないというのは、

歳をとればとるほどに相当な負担になる気がしてなりません。

冬は毎年死ぬまでやってきますからね。

あと、これは最近思うようになってきたことですが、

年齢を重ねるごとに寒さが体に堪える気がします。

 

寒冷地の暖房コストは一体どれくらいのものなのか知りませんが、

積雪のないような地域と比較すれば高コストなのは間違いないと思います。

逆に夏の冷房コストが冬の間の高コスト分を相殺するくらい低コストかと考えたとき、

どうなんでしょうね?

 

ちなみに今住んでいる淡路島ですが、

以前ブログに書いたんですけど、

昨年の夏に冷房を利用したのは7月の最終週~8月初めの数日間くらいなものでした。

それも一日中つける必要はなく、お昼の暑い時間帯のみで、

あとは家の窓を開放しておけば大丈夫なくらいでした。

日差しは間違いなく首都圏よりもキツイんですけど、

ヒートアイランドの被害に遭わないので、日が暮れるとスッと気温が下がるのです。

 

そして冬なんですけど、積雪はほぼゼロ。

風が強く吹く日はありますけど。

昨日くらいから結構寒くなってきたんですが、

それでも私が暖房を使うのは朝1時間くらいと、夕方5時以降くらいなものです。

数日前までは朝も暖房は使ってなかったくらいです。

日あたりや住宅性能みたいなものも多少の影響はあるでしょうが、

ちょっと厚着していれば暖房無しでもそんなに寒くないんですよね。

 

こんな感じなので、夫婦二人が日中別々の部屋で過ごし、一日中在宅しているのに、

移住前より光熱費が下がっています。

 

将来歳をとり、いつか完全に収入を得ることをやめ、

資産を取り崩して生活していくようになることを考えると、

これって生活していくうえでとても大きなメリットです。

だって何も苦労なく資産の目減りを抑えることができるわけですからね。

 

逆に考えるとこういったコストが必然的に上がってしまう場所への移住は、

例えば年金暮らしになったときなど、長い目で見ると負担になるように思います。

 

気候についてはいろいろな検討事項がありますが、

関東に積雪があったってことで、

今回の記事では「暑さ・寒さ」に焦点を置いた私個人の移住先の考え方を書いてみました。

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ