田舎に移住したら明らかに住宅コストが下がってリタイア生活後の家計に追い風

移住してからもう2年弱。

夫婦で仕事を辞め、コネも人脈も何にもない淡路島での生活をはじめたわけなのですが、

やはり経済的な面でどの程度の変化が生まれるのかは多少なりとも気になりました。

 

移住後も淡路島で就職活動ははじめからするつもりはなく、

夫婦共々雇用されるのではなく自宅で収入を得るスタイルをとるつもりでしたし、実際今はその予定通りです。

 

なのでまあ自営業者みたいなかんじになるわけなので、

会社員時代のように毎月同じような額が安定的に収入として得られるわけではないのは想定済み。

下手したら資産をすり減らすリスクさえあるわけなんです。

 

そうなってくると、最悪稼げないこと(期間)も想定するわけで、

「その間の資産の減少が月平均どれくらいになるのか」、

つまり「毎月の生活費がどれくらいになるのか」ということをしっかり把握することはとても重要。

そしてその生活コストは安ければ安いほど精神的に負担がないわけです。

 

実際のところ移住後の住宅コストはどう変化したのか

移住前と移住後で明らかに変化があったのは、言うまでもなく住居費です。

 

(移住前:首都圏で賃貸マンション暮らし)

家賃・駐車場 14.5万円 & 契約更新料5200円(2年に1度125000円かかる) 合計月15万円ちょっと

(移住後:持ち家)

駐車場・固定資産税、修繕積立相当額等 合計月1万円

 

賃貸マンションから持ち家になったので、この15万円と1万円を単純に比較しても意味はないです。

 

ただちょっと考えてみます、仮にマンション買ったとして。

そのマンション取得にかかったコストと今住んでる土地・家屋の取得にかかったコストが全く同じだとしても・・・。

 

首都圏のマンション、管理費やら修繕積立金やらで月2~3万円くらいかかりますよね。

(よくポストに投函されてたマンション広告のビラに載ってた)

そして固定資産税、年10万円は超えるって聞きます。

ってことは月4万円くらいは維持費としてかかるわけですよね。

しかも車所有してたらさらに2万円くらいは上乗せ・・・。

 

リタイア後に月々5万円近くの住居費!

じわじわとボディーブローのように家計にきいてくる気が・・・。

そもそも私はアラフォー世代なので、

将来年金なんてもらえるのか疑問なんですが、まあもらえたとしても、

住宅ローンがなくたってそれ以外にこんなに毎月エンドレスでかかるなんて、

リタイア生活大変そうに思えます。

 

「え~、田舎に不動産なんてビミョー」って?

「買うなら田舎の一戸建てなんかより首都圏のマンションの方が資産性があっていい」

って話もあるけど、

個人的には不動産に資産性を期待してないし、自己居住用以外に考えてないので、

そもそもの取得にかかる価格が安い田舎で全然オッケーです。

その分流動性のある現金としてとっておくほうがなにかと都合がいいので。

 

「歳をとったら田舎だと買い物とかいろいろ大変じゃない?」

ってよく言うけど、

コープ(生協)の宅配とかここ淡路島でも普通に来てくれるし、

たしかネットスーパーもあったような。

 

それがダメなんだったら、

田舎で住宅費浮かして温存しておいた現金をここぞとばかりに使って、

「タクシーでもなんでも乗ればいいじゃないの?」って思うし、

(自分で車運転できないくらいのお年寄りになったらそもそもそんなに出歩かないでしょ?)

 

それもできないくらいのお年寄りになったら有料介護施設でも入ればいいかと。

(ここでも結局ものをいうのは現金であって換価前の不動産じゃないわけで・・・。リバースモーゲージとかってのはあるけどさ。)

そうなったとき、

もしかしたらいい値段で処分できるかもしれないマンション

(←私には不動産投資の知識も能力がないから多分損しそうだからこういう表現になる・・・)

持ってるより、

やっぱり現金持ってる方が便利な気がするんですよね。←インフレリスク無視(-_-;)

(不動産の売却手続きとか面倒だし、そもそも仲介手数料とかそういった類のもの分だけですでに損するし・・・。)

 

「現金現金」連発して守銭奴みたいですけど(笑)、

何が言いたかったかと言えば、

 

とかく敬遠されがちな田舎の不動産ですが、

「その住宅コストの安いさをうまく利用すれば、そのデメリット以上のメリットが得られるんじゃないかな」

って実際に住んでみて思い始めたということです。

 

ちなみに、そもそも田舎でわざわざ不動産買わなくても賃貸でも同様ですね。

田舎で家賃が10万越えなんてほぼほぼないし。せいぜい5万円くらい出せば借りれるし。

 

スポンサードリンク

 

4 Responses to “田舎に移住したら明らかに住宅コストが下がってリタイア生活後の家計に追い風”

  1. yazirobe777 より:

    こんにちは

    田舎は人間関係が濃いので就農など外の仕事をするより在宅で完結する仕事が良いかと思います。
    就農すると人間関係が大変みたいです。
    淡路島は離島ですが橋があるので孤島ではありませんし今のネット環境なら都会でトレーダーより合理的と思います。

    個人的には賃貸ですが家賃はリートの分配金で賄っています。
    家を買うぐらいの出資で同レベルの物権に住めます。
    家を買う所有感はありませんがリスクも少ないです。
    言い悪いというより好き好きですね。

    • nana より:

      ヤジロベーさん、こんにちは。
      とある移住者さんで就農された若者の話を聞いたら、確かに人間関係が難しい部分があるみたいでした。
      ” 生まれたときから淡路で、何代にもわたってずっと農業をしてきた年配の方 VS 都会から移住して農業経験ゼロ出発の若者 ”
      想像しただけでいろいろありそうです(*_*)
      私は仕事関係での利害が地元の方々と絡むお付き合いのない移住者なので、人間関係の苦労がなく皆さん良くしてくださってありがたいです。
      就農での人間関係もいろいろあるみたいなんですけど、
      飲食業などの商売を始めて、軌道に乗ってくると「妬み嫉み」があるみたいでちょっと面倒ってのも聞きました(-_-;)
      その方曰く、「田舎では目立ってはいけない」だそうで。
      この点私は引きこもり気味なんで目立つどころか存在消えてます(笑)。

      リートについては全然知識がないんですけど、
      特定の一つの不動産を所有するより、リートは流動性、換価性に優れているからリスクが少なそうです。
      なるほど、そういった形で間接的に不動産を所有してその果実で賃貸暮らしってのもありですね!

      実家を出てからはずっと賃貸暮らしで、特に夫は資産形成的な側面から完全な賃貸派だったんですが、
      このたび家を所有してみて感じたメリットは、「完全に自分好みの空間で暮らす快適さ」です。
      そこに特にこだわりがなければ、所有するメリットはそこまでないかも・・・。
      とはいえ、所有するにしろ借りるにしろ、住居費が圧倒的に下がる田舎は雇用を求めないならメリット大です。

  2. 招き猫の右手 より:

    東京でもちょっと郊外に出ると一気に安くなるので同じことが言えますね。
    都心のいわゆる23区内にはもう済む気がしません。
    今は家賃が安くそれでいて自転車ですべての用事が住むのでけっこう気に入ってます。
    将来は自動運転車の技術も発達して、ネット回線はますます大容量になり、ネットスーパーやドローンなんかの技術も革新するから田舎のデメリットってたぶんどんどん無くなっていきますよ。都会のメリットが無くなっていくという言い方でも同じです。

    • nana より:

      招き猫の右手さん
      私もリタイアしたら特に都心に住むメリットが分からないです。
      首都圏の郊外なら地方都市の中心地並みかそれ以上に利便性が高いところが多いですし、それでいて家賃も安いならいいとこ尽くしですね。
      ネットがなかったころは、ど田舎だとマンガ一つ買いに行けず、特に若者にとってみればいいとこなしだと思っていましたが、私自身今や家電、ファッション類、書籍その他諸々お店に出向いての買い物が激減して、田舎が不便とか微塵もかんじないです。まぁ限界集落レベルになってきたら話しは別かもですが・・・。
      技術革新って本当にすごいですからおっしゃるとおり私も田舎のデメリットがなくなっていくと同時に、都会のメリットもなくなっていく気がしています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ