【淡路島】水産会社直営ならではの新鮮さが魅力 活け貝の磯焼が名物の「新島水産」

IMG_4811

水産卸会社「新島水産」が直営する飲食店に行ってみました。

淡路島の「由良」というエリアにあるお店なんですが、

由良は淡路島でも有名な漁師町ですので、

新鮮な魚介類が食べられるに違いないと期待も高まります。

一見倉庫かと思う「㈱新島水産」と書いてある建物がお店です。

 

image2

中を覗いてみると、完全倉庫風で、少し大きめのテーブルが2卓ほど。

ここで食べているお客さんもいました。

 

image1 (1)

水産卸会社なので、こんなふうに生け簀があって、

貝の仕分け?のような作業をしていました。

 

image9

倉庫の中にはさらにこんな感じの飲食店っぽい部屋があって、

私たちはここに通されました。

「活貝の磯焼コース(3200円/人)」を予約していたのですが、

他のお客さんも同じような感じのものを食べていたので、

このコースの人はここで食べる感じかも。

 

image8

お皿の下の方から、

あわび、さざえ、大あさり、ヒオウギ

だそうです。

 

image7

あわびはこれくらいの大きさのものです。

 

image5

それぞれの焼き方や食べ方を指南する紙がテーブルにあります。

自分で焼くか、焼いてもらうかは選択できます。

私はベストな状態をいただきたかったので、焼いてもらいました。

 

image6 (1)

こんなふうに、テーブル上の網焼きコンロで焼いてくれます。

とっても美味しいです。

貝ってどうしてこんなにいいダシが出るんだろう。

 

image7

活け貝の磯焼きのコースには、

ハモの小鍋もついてます。

淡路島に来たらハモは食べておきたいですよね。

 

image3

タコ飯と貝のお吸い物も付いてます。

お吸い物の貝も立派です。タコも淡路ではよく採れる魚介類ですね。

淡路島満載なコースでした。

 

とにかく貝メインで楽しみたいひとにはおススメのコースですよ。

結構込み合うみたいなんで、予約をしておかないと厳しいみたいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ