Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/koitora/www/happy/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

「田舎暮らし」に興味がない私が淡路島に満足して住んでいる理由

私はもともと日本の中でも小規模な地方都市出身者。

首都圏で生まれ育った人よりも「地方」というものにもともと「慣れている」と思います。

ただ、その地方の県庁所在地で生まれ育ち、日本の中では田舎なんですけど、

いわゆる「田舎暮らし」を彷彿させるような場所で育ったわけではありませんでした。

 

それでも、若かった私はその地方が退屈でつまらなくて、ずっと都会に出ていきたいと思っていました。

念願かなって、就職して首都圏暮らしになったんですけど、

田舎者な私はそれはそれは都会暮らしがうれしくて楽しくてw

「やっとあの退屈な田舎から脱出できたー。ばいばーい、田舎」って思ってました。

 

ですが、会社勤めも辞め、家の中で大半の時間を費やすようになったら、

「窓の外はべつに都会じゃなくていいよね。わざわざ高い家賃払ってまでここにいる意味もないよね。」

って思うようになって、

「じゃ、住居費にそんなにお金かからなそうなとこに普段は住んで、行きたくなったら東京に行って、

浮いた住居費を他の楽しみに費やせばいいよね。」

と結論づき、淡路島へ着地しました。

 

こんなかんじなので、

私はいわゆる「田舎暮らし」というものに対して特に興味、憧れはありません。

田舎に移住して農業をやってみたいとか、自給自足っぽい生活をしてみたいとか、全く思わないです。

淡路島っていう田舎に住んでますが、

「他のどこか田舎に住め」と言われたら正直なところ多分無理。

 

田舎暮らしが好きというわけでもないのに淡路島での暮らしに満足できるのか

淡路島に移住したのが2014年の12月、3年弱の月日が経ちました。

その間に、

「あー、田舎、もういやだー。都会に戻りたい。」

って思ったこと、ないです。

その理由を思いつく限り列挙してみようかと思います。

 

1.基本車移動で楽。そして車の運転が嫌いじゃない、っていうか結構好き。

(基本一車線しかないし、信号もあんまりない。海沿い走るのはサイコーですね。)

都会の満員電車とか天候不良時の駅までの徒歩とかほんとサイアク!

2.家が古民家とか古い家でもなくごく普通の都会とおんなじ仕様。

古民家はアジがあっていいかもしれないけど、快適さはどうなんだろう・・・

3.大型スーパーも近い(車で10分くらい)。

←都会で徒歩や自転車で買い物袋下げて帰るより超絶楽すぎ。

4.産直市場で野菜が安い、魚が新鮮でサイコー。

5.田舎に飽きたら神戸に行けばオッケーでしょ。東京にもちょくちょく行くよ(短期集中で観劇と友達との交流満喫)

(移住前は駐車場含めて月15万円くらいマンション賃料に払ってたから、それを思えば東京滞在にかかる費用なんて十分捻出できる)

6.今どきネットで何でも買えるので、移住後買い物で不自由な思いをしたことも記憶にない。

っていうか、淡路島は家電量販店も、ユニクロも、ニトリも、ドラッグストアも、イオンも普通にあるし。

百貨店で買い物したけりゃ、神戸三宮大丸行くし。あと東京行ったついでとか。

7.淡路島は四国と明石の両方に橋が架かってて、高速道路を走ってる感覚なので全く離島感なし。

(私はさすがに離島で連絡船で本土に渡るとかっていう生活は無理な人間です。)

 

淡路島って都会と田舎のいいとこどりな生活に向いてる

淡路島って住んでみて思うのは、

「田舎なんだけど田舎でもない」

ってことですね。

 

普通に生活に必要なお店はちょっとした地方都市くらいはあるし、

都会が恋しければ、すぐ神戸とか大阪とか行けるし。

日常では産直市場なんかで安くお野菜や魚が手にはいるし。

 

淡路島のどのエリアに住まいを構えるかで違ってはくるんですが、

島の東海岸線沿いの「洲本~東浦エリア」ならこんな印象ですね。

もちろんどっぷり田舎暮らしをしたいならそういうエリアを探せばあります。

 

田舎の恩恵(特に食べ物関係)を日々たっぷり受けながらも、

現状、私個人は「田舎暮らし」をしている感覚は全くないです。

 

スポンサードリンク



 

12 Responses to “「田舎暮らし」に興味がない私が淡路島に満足して住んでいる理由”

  1. ぴち より:

    ナナさんこんばんわ
    思いつく限り列挙
    8、釣り三昧出来る

    • nana より:

      ぴちさん、こんばんは(^^)/

      8、確かに!
      淡路島、釣り好きにはたまらない島でしょうね(#^^#)
      これからの季節、海辺に寝そべりながらお魚待ち、いいかも~。

  2. ハナ より:

    初めまして。
    淡路島への移住を考えている者です。
    ブログ、全て読ませて頂きました。
    私は今夫婦で喫茶店をしています。
    86歳の父親と同居の為、今すぐ移住は出来ませんが将来淡路島に住みたいと色々物件など見て妄想しています。
    今の仕事柄、人と接する事ばかりなので 淡路島では夫婦2人でのんびり暮らしたいと考えてます。
    もちろん挨拶など最低限の事はしますが、近所付き合いや、自治会など出来ればしなくていいならその方がいいです。田舎では近所付き合いや寄り合いが多い所もあるみたいですがどうでしょうか?
    それとマンションか一軒家を賃貸でと考えてます。
    初めてなのに長々と申し訳ありません。
    お時間ある時にでもお返事頂けたら嬉しいです。

    • nana より:

      ハナさん、初めまして。コメントありがとうございます。
      移住を考えていらっしゃるとのこと、私の知っていることをお伝えすることで、少しでもハナさんが気になっていらっしゃる疑問が解決できればいいなあと思います。

      ではさっそくですが、
      >田舎では近所付き合いや寄り合いが多い所もあるみたいですがどうでしょうか?
      私が住んでいるエリアはそういったお付き合いがないので、あくまでの他の移住者や地元の方などからの伝聞でしかありませんが、そういった地域はあります。
      淡路島といっても地域ごとにお付き合いの濃さには違いがあるようです。
      都会の賃貸マンション暮らしから、地域の一軒家に引っ越したらおそらくそのお付き合いの濃さにびっくりしてしまうエリアはあると感じています。
      「そういったお付き合いはちょっと・・・」という人には、やはり賃貸マンションの方がいい気がします。(これは都会でもある意味同じですよね)

      移住希望されている方にとっては、おそらく不動産のことや近所づきあいのことはとても気になることだと思いますので、
      あらためて近々ブログ記事に差しさわりがない程度になっちゃいますが、書いてみますね。

      また何かお知りになりたいことがあれば、知っている限りの情報提供はいたしますので、ご連絡ください。

      • ハナ より:

        お返事有り難うございました(*^^*)
        まだ先の話ですが、今から情報を集めて妄想を広げたいと思ってます。
        ご近所付き合いや、行事、どこらへんの地域が大変かなど教えて頂けたら嬉しいです。
        これからも宜しくお願い致します!

        • nana より:

          ハナさん、こんにちは(^^)/
          お返事遅れましてすみません。

          >ご近所付き合いや、行事、どこらへんの地域が大変かなど教えて頂けたら嬉しいです。
          都会のマンションで賃貸暮らしだと、本当に挨拶するくらいしか関わりを持たない生活なので、それと比べてしまうと、どのエリアも大変だと思います。
          淡路島には「隣保(りんぽ)」っていう町内会よりもさらに小規模な隣近所の昔でいう隣組みたい?なのがあって、
          深いお付き合いをする隣保だと、定期的に集まりみたいなのがあると聞いたことがあります。

          まぁそこまで密なお付き合いをする隣保はどちらかというと少ないんじゃないかなと思いますが、
          戸建てに住むなら町内会&隣保は大抵入るんじゃないですかね。
          (町のゴミステーションや側溝の清掃活動なんかも持ち回りでやるでしょうし)←まぁこれは淡路に限らずですが。
          隣保や町内会に入らず暮らすっていう猛者もいるかもしれませんが、移住者ともなれば、相当に角が立ちそうですね・・・。

          なので、町内会や隣保と無縁といえば、エリアというより、住む物件、つまり賃貸マンション選択になるかと思います。
          実際、洲本の賃貸マンション暮らししている知人は、そういったお付き合いは皆無で、都会の賃貸暮らしと同じ状態です。
          (一方で、同じ洲本と言えど一戸建ての人は隣保とか入ってるみたいです)
          あとは、別荘地やリゾートマンションに住むといった選択ですね(こういったところには基本的には京阪神などのいわゆる都会からきた人しか住んでません)

          エリアって話ですが、ブログ上、特定の地名を出すのは控えたいので、ざっとした表現になってしまうんですが、
          「昔ながらの家が集まった若い世代がいなそうな集落(外から来た人が住んでなさそうなエリア)があるところ」ですかね。
          私が知ってる濃いお付き合いをしている知人移住者は、大抵そういったところで戸建てに住んでますね。

  3. 彩々 より:

    すっごい久しぶりにNanaさんのBlogを
    拝見しに来ました。
    おはようございます!

    淡路から東京に戻って、かなり凹んで
    いましたが、私、また「恋しい淡路」への
    片思いを復活させています。

    詳しくは、またメールさせて
    いただきますね。(‘-^*)

    • nana より:

      彩々さん

      こんばんは(^^)/

      片想い復活ですか?!
      やはり一度恋に落ちるとそう簡単には忘れられないものですね。

      >詳しくは、またメールさせて
      いただきますね。(‘-^*)

      では、お待ちしてますね(^_-)-☆

  4. コナ より:

    nanaさん、はじめまして。
    淡路島に移住を考えているコナと申します。
    nanaさんの淡路情報、とても参考にさせて頂いております。
    コメント欄で拝見致しましたハナさんとのお話で、淡路島内のお付き合いの大変な地域の事にとても感心があります。
    もしnanaさんさえ宜しければメールでのやり取りをお願いさせて頂きたいのですが、どうすれば宜しいですか?

    • nana より:

      コナさん

      コナさん、はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
      淡路島への移住を検討されているとのこと、とても楽しみですね。
      と同時にいろいろご不安な点もあるかと思います。

      申し訳ありません。数年前はメールのやり取りをしたことがあったのですが、今は個別にメールのやり取りはどなたともやっていないんです。
      (誤解を与えるようなコメントをそのままにしていたこと、よくないですね。これを機会に修正しておきます。)
      ですが、私も移住前、移住者さんの生の情報を欲していたので、私なりに少しでも情報提供できたらいいなと考えていますので、
      コメント欄でのやりとりでよければまた必要な時にコメント入れていただければと思います。
      (もし内容的に非公開希望であれば、その旨を明記していただければ、公開することはありませんので、そうされることもご検討ください。その際の私からの返信は、あて名を書かず返信します。)

      ちなみになのですが、この記事、随分前の記事&コメント返信でして、私も何を書いたのかいまいちよく覚えていなかったため、読み返してみました。
      そうしてみると数年前と今では、認識にずれが若干ありますので、修正点をまず記載したいと思います。

      お付き合いが大変な「エリア」との記載がされていますが、これについては認識が今では変わっています。
      どういうことかと言いますと、『お付き合いが大変な「エリア」はここですよ』とピンポイントにいうことはまず不可能だという認識です。
      同じ地区、エリアでもお付き合いの仕方はそれぞれ違いますので(当たり前と言えば当たり前ですね)、地区名で特定するのは随分と乱暴で無責任なことだと。

      移住して6年くらいになった今の答えとしては、
      もし、お付き合いを躊躇してしまうということであれば、私に言えるのは、「賃貸マンション一択」ということです。
      私の経験上、「賃貸マンションに住んでいる人から、淡路島でのお付き合いの話は一度も聞いたことがない」ですのでそういうふうに考えます。

      別荘地で戸建て、リゾートマンションに住むというのも、淡路島にいながらご近所さんは全員移住者なわけなので、賃貸マンションと同様の環境に近いと言えますが、
      それはそれで今度は別荘地内でのコミュニティーやお付き合いはそれなりにあると聞いたことがありますし、
      リゾートマンションは都会の分譲マンションと同じで管理組合のお仕事が回ってきたりするところもあるようですので、それらを「お付き合いが大変」ととらえるかどうか・・・。

      以上がいままでのコメント欄でのやり取りの内容の修正といったところになります。

      メールの件、ご希望にそえず、本当に申し訳ありません。
      コナさんのお知りになりたいことを具体的に教えていただければ分かる範囲で返信しますので、
      また必要であればいつでもコメントいただければと思います。

      • コナ より:

        nanaさん、大変詳しくご丁寧な返信をありがとうございます。
        とても参考になります。
        取り急ぎ、お礼のご連絡で失礼致します。
        これからも色々と疑問や不安に思う事があると思いますので、また宜しくお願い致します。

        • nana より:

          コナさん

          お役に立てるかどうかアレですけど、できる限り情報提供したいと思っていますので、
          いつでも遠慮なさらず、お気軽にコメントしてくださいね(#^^#)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ