Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/koitora/www/happy/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

トレードスタイルの変遷(3)

退職した後、朝から晩までチャートを見続け、土日も過去のチャートや直近の一週間のチャートをテスターで自動再生させて見返す。

そんなことを1年半くらいし続け、自分のやり方が固まってきた段階までのことを前回のブログ記事に書きました。

そこから2~3年くらいは、ほぼUSD/JPY(ドル円)のみをトレードしてまして、

その当時は結構ボラティリティがあったのもあって、かなりいい感じに利益を積み上げられました。

 

が、ボラティリティってのは、収縮と拡大を繰り返すわけでして、

その後、2018年には変動相場制が始まって以来最小の年間変動幅となり、2019年はそれをさらに更新するといった、

動きのない通貨ペアになってしまったんです。

私の場合、スイングトレードはしないので、本当にこれには参りました。

暴騰、暴落、ウェルカムなんです、とにかく動いてくれればそれでいい。

なのに全然動きがない・・・。

 

通貨ペアをUSD/JPYだけに絞っていてはロクに稼げないなぁ・・・ってことで、

仕方がないので、短期トレードではなく少し長めに持ってスイングトレードにしようかなと考えたけれど、

性格的にとにかく苦痛で苦痛で仕方がない。

だったら残る方法は、トレードの時間時間は短期トレードというスタイルを維持し、取引通貨ペアを増やして、トレードチャンスを増やすしかない。

 

取引通貨ペアを複数通貨ペアに変える

FXをやっている人なら知っているかと思うのですが、

通貨によって、ボラティリティは全然違うし、何と言いますか、その通貨ごとに独特の値動きの癖というか特徴みたいなのがあります。

なので、USD/JPY以外の通貨ペアをUSD/JPY同様のロット数や感覚で取引するとうまくいかないように思います。

何年もの間USD/JPYの取引に特化していたので、他の通貨ペアの値動きはよくわかっていないので、

しばらくトレードは休止し、デモトレードで検証を開始しました。

で、複数通貨ペアを取引対象とする今現在に至りるわけです。

 

今現在の取引通貨ペアは、

USD/JPY  EUR/USD  EUR/JPY  GBP/USD  GBP/JPY  AUD/USD  AUD/JPY

7通貨ペアです。

 

東京時間は主に

USD/JPY  AUD/USD  AUD/JPY

の3通貨ペアの取引。

 

欧州時間&NY時間は、

EUR/USD  EUR/JPY  GBP/USD  GBP/JPY

がメイン。

 

ただ一度に取引できるのは、私はせいぜい2通貨ペアが限界といったところで、

大抵の場合は1通貨ペアの取引です。

そのときのチャートやプライスアクションでどれにするか決めます。

 

どの通貨を取引対象とするか決める基準

こんなふうに現在は7通貨ペアを取引対象としているわけですが、

どの通貨ペアを取引していくかを決めるうえで、見ているものがあります。

それは、

チャート形状や相場の勢いはもちろんなのですが、

通貨の強弱関係をプラスアルファ見ています。

「どの通貨が今売られて(買われて)、どの通貨が買われて(売られて)いるのか?最も強いのと最も弱いのはどれだろう?」

っていうところです。

言い換えれば、どの通貨主体で今の流れが出ているのかということを突き止める作業といったところですね。

特にクロス円(AUD/JPY・EUR/JPY・GBP/JPY)を取引する場合は要確認。

例えばEUR/JPYを取引しようとするとき、

最低でもEUR/USD・USD/JPYの状態は必ず確認しなければダメ。

EUR/USD ↑  USD/JPY ↑ の状態であれば、EUR/JPYのロングはよく伸びるので、取引したい。

だけど、それぞれが全く逆の動きだと、いわゆる股裂き状態となってとても難しい値動きになってしまう→取引対象にはしないという判断になります。

円がらみの通貨ペアなので、日本人にはドルストレートよりも何となく取っ付き易くよく取引されがちなクロス円、実は難易度が高いといえるかもしれません。

 

以上だらだらと書いてきましたが、

相場環境は刻々と変化しつづけているので、ゴールは永遠にあり得ず、その変化に対応しつづけるのは並大抵のことではない。

相場で安定して稼ぎ続けるのはとても大変だなぁと実感します。

ですので、自分自身で日々検証し、自分自身で考えることをしんどいと思う人には多分続けられないし、地獄のお仕事だとつくづく思いますね。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ