【礼文島】絶景だけじゃなく、面白いものがある礼文島最北端の須古頓(スコトン)岬

礼文島最北端の須古頓(スコトン)岬。

晴れた日には樺太(サハリン)が望めるんだそうです。

礼文島の景勝地のひとつなんですが、

ここ、絶景なだけじゃなく、

ちょっと面白いものに出会ったので紹介します。

 

まずは絶景を見に行こう

image

この道の先が須古頓岬です。

茶色い建物は売店兼カフェです。

image

「最北限のトイレ」だって(笑)。

image

ここからでもいい景色ですが、

image

階段を下ると展望エリアがあります。

 

岬の崖下に民宿が!「民宿スコトン岬」の立地が凄すぎ!

image

岬にこんな看板が。

「この下民家あり  石を投げないように」

えぇーっ、この下に民家ですか!

image

柵の下を覗き込んでみたら、確かに家っぽいものが。

image

「民宿 スコトン岬」ですって〜。

image

目の前はもうすぐ海ってかんじですね。

image

こんなふうに崖の下に建ってます。

多分絶景なんでしょうね〜。

ちょっと泊まってみたいかも。

 

売店兼カフェで変わったものが・・・

image

さすが礼文島。ウニ売ってますね。

image

店内はこういう雰囲気です。

古い土産物屋っぽさは全くない、若者が好みそうなかんじ。

image

商品のパッケージのデザインも若者向けっぽい。

image

「トド缶」だって〜。そういう食文化があるんですね。

image

「サーモン昆布重ね巻」を試食したら美味しかったので、

image

ハーフサイズをお買い上げ♫

image

こちらもちょっと気になったなぁ〜。

image

これ、何の行列かというと、

「昆布ソフト」目当ての行列。

我々も、話のネタとして食べてみても良かったけど、

image

「昆布まんじゅう」にしました。

image

饅頭の中身はあんです。

昆布の味はあんまり感じないかな〜。

全然クセはないです。

image

岬の風景を楽しみながら食べました。

image

ちなみにこのカフェ、フリーWi-Fi有り。

店の雰囲気や商品のデザインが、

若者の嗜好を意識してる感じがしましたよ。

 

スポンサードリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ