【利尻島】ワタスゲが幻想的な雰囲気を作り出す「南浜湿原」

利尻島は美しい湖沼が多く、その周辺を散策しながら、利尻山と植物を楽しむことが多いのですが、

「南浜湿原」は、「姫沼」や「オタトマリ沼」とはまた違った雰囲気を持つ湿原です。

 

参考記事:【利尻島】人造湖だけど天然の湖に劣らず美しい「姫沼」

 【利尻島】あの有名なお菓子のパッケージにもなった風景が楽しめる「オタトマリ沼」

 

「南浜湿原」はいろんな植物の群生地

image

「南浜湿原」は一周1km弱のこじんまりとした散策路です。

image

このようにいろんな植物が観察できるんです。

image

遊歩道わきにはかわいらしい小花が咲いてます。

image

小さなお花が多いですね。

image

こんなふうに湿原らしい風景も楽しめます。もちろん利尻富士も一緒に(^-^)

 

ワタスゲが作り出す幻想的な雰囲気に感動!

「姫沼」が静寂に包まれ、野鳥の声を聴きながら森林浴を楽しめる場所で、

「オタトマリ沼」が華やかさを特徴とするならば、

この「南浜湿原」は「THE 幻想的」といった印象を私個人は持っています。

 

それはちょうど、ワタスゲが見ごろだったせいもあり、

一帯にそれが広がる風景は、今まで見たことがない雰囲気でした。

image

このふわっとした綿のような植物が「ワタスゲ」です。

image

散策路の周囲一帯をワタスゲが包んでいました。

image

季節はもう初夏なんでしょうけれど、なんていうかワタスゲの綿っぽさがなんか雪みたいなんですよ。

少し見えている山は利尻山です。

image

もうそこらじゅう一帯がワタスゲ。

幻想的な雰囲気に圧倒されて、しばらくボーっと佇んでしまいましたよ。

 

スポンサードリンク




 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ