【徳島】「ビッグひな祭り」の元祖を見に徳島の山奥へ。ついでに「月ヶ谷温泉」で日帰り入浴。

先週はイースター休暇に入ったこともあって、日々の日課となっているトレーダー業も例年通り完全OFF。

春休みにすることにしました。

ちょうど夫は東京に出かけて不在だし、犬と一緒にドライブ旅行へ行くことにしました。

 

行先は四国方面。

淡路島と四国の徳島県は橋でつながっているので、四国上陸はとっても簡単。

ただ普通に高速道路を走るだけです。

 

ビッグひな祭りって何それ?取りあえずはいってみよっと。

とりあえずドライブがてら日帰り温泉にでも立ち寄ろうかということで、

「月ヶ谷温泉」を目指すことにしました。

 

するとその通りすがりに、「ビッグひな祭り」っていうのぼりが道に。

「ビッグひな祭り?何それ?」

 

徳島県勝浦郡勝浦町において、毎年2月から3月に開催されているひな祭りである。期間中は、巨大なひな壇に無数の雛人形が飾られる。

また、「勝浦」という地名が共通することから全国勝浦ネットワークを結んでいる千葉県勝浦市ではかつうらビッグひな祭りが、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町ではビッグひなめぐりをメインイベントとする南紀勝浦ひなめぐりが開催されている。

さらに、徳島県勝浦郡勝浦町のビッグひな祭りとは直接の関係はなく名称も異なるが、同種のひな祭りは長野県須坂市で信州須坂しあわせ雛祭りとして、埼玉県鴻巣市で鴻巣びっくりひな祭りとして開催されている。               (Wikipediaより引用

 

ということらしいんですけど、

そのビッグひな祭りの元祖は徳島の勝浦町とのことで、1989年から開催されているそう。

 

時間だけはたっぷりあるドライブ旅行。

せっかくなので立ち寄ってみました。

 

ひな人形がいっぱいだー

image
高さ約7mの巨大ピラミッドのひな壇。

なんていうかひな人形がてんこ盛り(笑)。

会場には2万体以上展示されているらしい。

image

会場の壁一面にひな人形。

image

ピラミッドひな壇の側面はこんな感じ。

 

参考までに:阿波勝浦ビッグひな祭りHP

 

会場の横には産直市場。いちごをGET♫

image

ビッグひな祭り会場の横には産直市場があるんですけど、

安い~\(^o^)/

image

イチゴも安かった(*^-^*)

image

200円なり~。

image

こっちは小粒がたっぷりで380円。ジャム用にGET!

image

早速帰宅後作ってみました。毎朝のヨーグルトに手作りジャム。幸せ~。

 

「坂本おひな街道」と「お雛様の奥座敷」にお散歩がてら立ち寄り

ビッグひな祭り会場でもらったパンフレットに載っていた「坂本おひな街道」と「お雛様の奥座敷」。

私が目指している「月ヶ谷温泉」の途中にあるとのことなので、ついでに寄ってみました。

image

こういう風景の広がる山奥ってかんじの場所。

image

通り沿いの民家にそれぞれがひな人形を展示している街道になっています。

image

古い家屋との相性も抜群の見栄えです。

image

ひな壇をつくって展示というスタイルでもなく、それぞれに個性が。

image

白無垢姿のお雛様は初めて見ましたよ。

image

至るところに人形が置かれてて、

image

こんなふうに木に乗っけられてるのも(笑)。

image

おひな48って(笑)。センターのお雛様は町民の選挙で選出??

image

お雛様が畑でピクニック?!

その横には竹に入れられたお雛様。かぐや姫状態~。なんでもあり~(笑)。

image

おーっ、こちらはペットボトルにつめられてクリスマスツリーの飾りのようなお内裏様~。

斬新すぎる(笑)。

多分風雨にさらされないようにとの愛情からのペットボトル詰めでしょう。

image

昭和とインターナショナルとコラボってかんじですかね。

 

こうやっていろんな展示を見ていると、ひな人形ってもっと自由に楽しむのでもいいのかもって気がしました。

 

image

クライマックスは「森本邸」です。

image

由緒正しい住宅のようですよ。

image

こちらが森本邸の入口です。

image

可愛らしいお人形たちがお出迎えです。

image

素敵~♫ まるで大人の隠れ家旅館のよう(*^-^*)

image

きれいにお手入れされた素敵なお庭。苔むしていて落ち着いた雰囲気。

image

お庭にかわいらしい童の人形が展示されてました。

image

何やら素敵な雰囲気の空間に吸い寄せられてお邪魔させていただきました。

image

衣装がとても落ち着いた雰囲気のお雛様です。大人向けのお雛様っていう雰囲気。素敵でした。

image

ちょうどお庭のお手入れをされていたこちらの奥様が、

「このお雛様の衣装は、もともとのものから着せ替えたんですよ。徳島で有名な藍染の織物で、こういう衣装を着たお雛様は他にはないと思います。」

と教えてくださいました。

image

素敵なお座敷にきれいなひな人形たち。見入ってしまいました。

image

こちらは「遊山箱」の展示です。

取っ手のついたお重箱で、今風に言えば「ピクニック箱」でしょうか。

とても上品な伝統文化のお品でした。

image

徳島県の江戸時代から昭和40年ころまでの文化だったようですね。

image

可愛らしい紙粘土で作られたお人形たち。古い家屋に絶妙に溶け込んでいます。

古き良き時代の日本の風景でしょうか。

 

※ちなみに、

こちらの森本住宅は、現在もお住まいでいらっしゃる個人の住宅をご厚意で公開してくださっているものです。

なのでペットの持ち込みについては看板などもありませんが、常識としてNGだと思います。

また年中公開されているわけではないんじゃないかなと(確認はしてませんが)。

 

さて締めは「月ヶ谷温泉」で日帰り入浴~♫

image

日帰り温泉ができる「月の宿」です。

参考までに:「月の宿」HP

 

image

弘法大師ゆかりの温泉のようです。

いかにも四国の温泉っぽいなぁ。

 

入浴した感想としては、

お湯は透明なんですけど、美肌の湯って気がしました。

肌がとってもしっとりツルツルになったので\(^o^)/

 

image

温泉の前は河原になっていて、春にはサクラ並木になるんだそうです。

サクラの時期には少しだけ早かったので、まだ咲いてませんでした(T_T)

もうすぐサクラを見ながらの入浴も可能ですね。

 

スポンサードリンク

2 Responses to “【徳島】「ビッグひな祭り」の元祖を見に徳島の山奥へ。ついでに「月ヶ谷温泉」で日帰り入浴。”

  1. ゆな より:

    こんばんは~。

    ピラミッドひな壇、すごい数の雛人形ですね!圧倒されます(*_*)

    各おうちの雛人形のディスプレイの競演?そして森本邸は、お庭も雛人形の観賞も両方楽しめそうですね♪

    そして徳島の産直も、ビックリな価格ですね‼
    レタス3つで150円てすごくないですか⁉バナナも何本あるのでしょ~。

    ちなみにニンジンは、最近徳島のものを購入していることが多いです(^^)
    そこに買いにいきたいです(笑)

    • nana より:

      ゆなさん、こんにちは(^◇^)
      ひな人形の競演、カオスなかんじが突っ込みどころ満載だったりして面白かったです。
      産直のバナナにレタス、驚きの価格ですよね~。
      バナナも買おうかと思ったんですが、帰宅するまで日数があったのであきらめました。徳島産のニンジンは関西方面ではよく見ます。徳島は関西圏ではそちらでいう北関東のようなかんじで、野菜をたくさん出荷してるみたいです。
      また徳島に行ったら温泉がてら行ってみようと思ってます。産直大好き♫

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ