【淡路島】鮮魚や貝がお手頃価格で手に入る鮮魚店「花光」で、アワビを買ったらむちゃくちゃ安くて文句なしのおいしさだった

IMG_4825 (1)

淡路島の洲本市のど真ん中にある鮮魚店「花光」さんに行ってみました。

洲本のバスターミナルからも徒歩圏内、

洲本市役所のすぐ隣の建物「すもと公設市場」というところに入っている鮮魚店です。

この鮮魚店は淡路島の地元の方がオススメだと言って教えてくれたお店で、

以前ここでこしらえてもらったお刺身をいただいてとても美味しかったので、

ぜひとも行ってみたかったのです。

 

この「すもと公設市場」、入口からすでに寂れた雰囲気を漂わしてて、

しかも入ると数店しか入ってないという状態なので、

何も知らずに入ると、「えっ?大丈夫か・・・」と正直思ってしまうんですけど、

結論から言うと、この「花光」さん、とってもお気に入りの鮮魚店になりました。

 

鮮魚店はこんな感じです

image1 (1)

鮮魚店の全景はこんなかんじ。

 

image2

この日は週末で漁がお休みなので、活魚は置いてないみたいでしたが、

淡路のお魚の代表選手、サワラとか焼きアナゴとかいろいろありました。

置かれているお魚は三枚おろしまでお願いできるそうです。

魚を捌けない私にはありがたい。

 

image3

鮮魚コーナーの隣はお刺身コーナーになってました。

500円のが多かったです。

前述のとおり以前ここのお刺身を食べたんですけど、美味しかったですよ。

 

image4

こちら貝のコーナー。

さざえ、あさり、オオガイを売ってました。

貝が時折水をピューっと噴き出していたりしてとても新鮮そう!

 

アワビ、ゲソ、オオガイを買ってみました

image5

買ってきたもの~。

アワビ640円、アオリイカ238円、おおがい170円くらい/円。

これ、安いよ、絶対!

アワビ、天然ものですよ~。

素潜りでとってくるんだそうで、淡路島産の養殖物はそもそもないんだそうです。

イカも色が明らかに新鮮そうなんですよね。

オオガイは水を時折吹いていたくらい元気がいいもの。

 

image1 (2)

アワビはこれくらいの大きさのものです。

 

image2 (1)

こちらオオガイ。

 

早速焼いて食べてみたら激うまだった!!特にアワビ、おいしすぎ~!!

image3 (1)

アワビとオオガイを炭で焼いてみる。

オオガイの乳白色の汁がおいしそー。

身も結構しっかりしてるし。

 

image4 (1)

アワビは焼けたらまず身を取り出して、お皿によけておき、

貝殻にくっついてる肝をバター&醤油でこんな風にぐちゃぐちゃーって混ぜて、

その上によけておいたアワビ本体を乗せて再び焼くかんじ。

 

image5 (1)

完成~。

はいっ、おいしー。こんなの美味しいに決まってる!

十分な肉厚感と文句なしのお味に感激!!

こんなのが家で食べられるなんて幸せすぎる。

やっぱりあの値段、凄すぎです!

これだから淡路島好き~。

 

image6 (1)

げそ~。

いやーぷりっぷりです。

こりこり固いだけのものではなくって、身がパンパンなかんじです。

晩酌のお供に最高ですね。

 

【参考までに】

「花光」の住所:兵庫県洲本市本町4-5-23

「花光」のHP:http://www.sengyo-hanamitsu.com/

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ